GREETING

【知らなかった】美容形成分野では国内未承認の薬剤・機器が多い!と学んだ日

こんにちは、Dr.紅です。前回のブログに引き続きご覧くださりありがとうございます。体調がだいぶ良くなってきました。今日は鼻の調子を気にすることなく仕事ができた〜。

みなさんはいかがお過ごしでしたか?

私は現在、女性のAGA治療を行って1ヶ月経ちました。結果が出るまでは後5ヶ月かかるので、楽しみ♪
青森県でも美容形成を気軽にできる人が増えるといいな〜とすら思います。
そんな経緯もあり、最近、美容形成全般について調べることが増えてきました。
そこで今日気づいたことがありました。それは

美容形成分野では国内未承認の薬剤や機器がほとんど

ということ。業界内の人には当たり前なのでしょうが、ちょっと驚きました。国内承認薬と違って、未承認治療の場合は国による救済制度が使えませんから、患者さん側も勉強する必要がありますね。

私の友達が面白いTweetをしていました。

毛が少なくて悩む人も、多くて悩む人も
消費者生活センターに並ぶ人が多い

なかなか秀悦です。

だからと言って、私は未承認治療そのものがNGだとは思いません。
実際、その治療で救われる人も多いでしょう。

しかし、その前に、こちらのチェックリストをご覧いただくと良いかもしれません。

将来私は美容形成に携わるときは注意しないとですね。

今日も最後までご覧くださり本当にありがとうございました。

昼顔は最近減りましたね。秋です。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です