MY Trends

トンネルの出口が見えた?ゴールが見えることの重要性を改めて学びました

こんにちは、Dr.紅です。 前回のブログに引き続きご覧くださりありがとうございます。

今日も皆さんは心穏やかにお過ごしですか?

今日は、あるニュースで職場の皆さんは少しずつ笑顔が戻ってきました。それは

COVID-19全数把握見直しのニュースです。
コロナ感染者、全数把握見直し 重症リスク患者に限定可能に
しかし、知事の中にも賛否両論です。
吉村知事 政府のコロナ全数把握見直し方針に「現段階では府民のデメリットの方が大きいと思う」
コロナ感染者「全数把握」見直さず 東京都・小池知事「当面、現在の運用を続ける」と表明

ここで重要なのは、「提案のメリットとデメリットを考慮する」「提案によって誰の悩みを解決できるのか?その解決は優先順位が高いのか?」ということ。

これを自治体ごとに決定するには、それぞれの自治体が上記を戦略的に考える必要があるのです。「東京や大阪の知事が反対したから、自分たちもやめよう」と今まではできたかもしれないですが、いよいよ、意思決定者の皆さんが自分の頭で考え行動し続ける時代がやってきましたね。

さて、青森県はどうなるでしょう?決定が楽しみですね。

今日も最後までご覧くださり本当にありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です