Lifestyle

マイナポイント15000ptを無事取得!イライラ回避のために必要な「4つの準備」

今日のお話:PayPayでマイナポイント第2弾15000ptを取得するには「4つの準備」がないとイライラしてしまいます。

こんにちは、Dr.紅です。 前回のブログに引き続きご覧いただきありがとうございます。

皆さんはもう、マイナポイント第2弾15,000ポイントを取得されましたか?

私は 無事ゲットしました。 ですが、「すぐにできたか?」と聞かれると、 そうではありませんでした。 そこで、今日のブログでは「これからマイナポイント取得を考えている人がストレスフリーで申請できる」ために私の経験を書きます。みなさんのお役に立てたら嬉しいです。

イライラ回避するための「4つの準備」

  1. マイナンバーカードと銀行口座がわかるものを手元に置いておく
  2. マイナポイントアプリでは5分以上待たされる、という前提を持つ
  3. マイナポイントアプリが「マイナンバーカードを読み込める状態」になるまで待つ。
  4. PayPayポイントとして取得する場合はこちらの記事に目を通し、PayPayアプリから申請する

これだけをご覧になると、「3の意味わかんない」って思いますよね。では、 ここから私がなぜ4つの準備が必要だと思ったのか?経験をお話します。

PayPayアプリからマイナポイント申請を開始すると、「マイナポイントアプリに移動する」 と言うボタンが出てきます。ここまでは1分はかかりません。 問題はこのボタンを押した後です。すぐにホーム画面に戻りました。

あれ?マイナポイントアプリが開かない!

5回やりましたが、結果は同じです。これで10分損しました。
イライラしながらマイナポイントアプリを開いてみると・・・・。

通常、マイナポイントアプリでこのような表示が出る事は無いので、 驚きました。 つまり、先ほどPayPayアプリからマイナポイントアプリにうまく接続できなかったのはこの状態だったためのようです。

上記「4つの準備」のうち1,2,3はイライラしないためには超重要です。この画面が出ると「本当に繋がるのかな・・・・?」 と心配になりますが、後でちゃんと以下の画面になります。

この状態になったらPayPayアプリを開きます。するとおそらく、10分以内に 口座登録・ 15000ポイント申請ができます。

4つの準備がないと、申請するのに30分もかかったり、「もうやめた」となってしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、このブログを見ていただいた皆さんにはぜひ、快適にポイントゲットしていただけるよう、心から願っております。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です