GREETING

個人サンプリング法による作業環境測定(低濃度管理項目13物質とは?):労働衛生コンサルタントへの道 Day14

(PR)

こんにちは、Dr.紅です。いよいよ青森の最低気温はマイナスになってきました。

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

今日の勉強は個人サンプリング法による作業環境測定(C、D測定)が可能な物質を覚えます。

ちなみにA・B測定は指定作業場(特化物第1・2類、有機溶剤第1・2種、鉛、石綿、放射性物質作業室等、特定粉じん作業場)で行われる測定方法で、測定時間は基本的に10分以上、等間隔に行い、測定開始から終了まで1時間以上かけること。単一作業場所内に測定点は5つ以上。

これに対し、C・D測定は

  • 測定時間はC測定では全作業時間(全作業時間が1時間なら1時間でもいい)、D測定は15分
  • 測定点はC測定では均等曝露作業の作業者を5名以上

そして測定対象物は以下。(低濃度管理項目13物質、鉛、発生源が一定しない有機溶剤作業)

※低管理濃度(0.05 mg/m3 以下)の物質を低濃度管理項目という?
https://www.jawe.or.jp/topics/2019/191115pc2.pdf

(a)ベリリウム及びその化合物(令別表第3第1号6)
(b)インジウム化合物(同表第2号3の2)
(c)オルト-フタロジニトリル(同9)
(d)カドミウム及びその化合物(同 10)
(e)クロム酸及びその塩(同 11)
(f)五酸化バナジウム(同 13)
(g)コバルト及びその無機化合物(同 13 の2)
(h)3,3 ́-ジクロロ-4,4 ́-ジアミノジフェニルメタン(同 19)
(i)重クロム酸及びその塩(同 21)
(j)水銀及びその無機化合物(同 22)
(k)トリレンジイソシアネート(同 23)
(l)砒素及びその化合物(同 27 の2)
(m)鉛

・・・・

いつ覚えれるんだろ・・・。

今日も最後までご覧くださり本当にありがとうございました😊

そういえば昨日、こちらにも初めてお邪魔しました♪ありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です