GREETING

睡眠時無呼吸指数(AHI)= 40が確定し、CPAP導入になりました

こんにちは、Dr.紅です。今日もご覧いただきありがとうございます。

皆さんは、睡眠時の呼吸状態をApple Watchで確認されていますか?

血中酸素濃度が睡眠中どれだけ下がっているか?わかるので、ご覧ください。もし90%以下の時間があるようでしたらぜひ、睡眠時無呼吸症候群の検査をお勧めいたします。

私も、血中酸素濃度80%、70%という時があったので、オンライン診療で睡眠時無呼吸検査を受けてみました。

お世話になっている医療機関さんは熊本県にあります。LINEを通じて検査結果を以下のように分析してくださいました。

  • 7時間35分測定して、そのうち、86分間止まっています
  • 今回の簡易検査ではAHIが40以上でCPAP適応です。
  • AHIが20以上だと、5年後の10%はこの世にはいません。それを考えても、睡眠の質を上げることに専念する必要があるかと思われます。
  • CPAP治療もこのままオンラインで治療が可能で、保険適応となります。

早急に分析してくださった医療機関さんに感謝です。そして何より

検査をしてから1週間でCPAPの適用と言うスピードに感謝です。

通常、リアルで医療機関さんに通うとなると、最初の検査から2ヶ月位かかるのではないでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群の人のうち、治療できている人は3%程度と言われています。それはもしかしたら、私のように「睡眠時無呼吸のために、医療機関に何回も行っていられない」人が多いからかもしれませんね。

「最近いくら眠っても疲れが取れない」「食事制限しているのに体重が減るどころか増える」「家族からいびきがうるさくて大変だと言われる」と言う方々はぜひ、こちらの医療機関さんで検査をしてみるのはいかがですか?

皆さんも、ご家族も、ゆっくりととした睡眠時間を取れてすっきりとした朝を迎えことができますように。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です