stroll

私の分身キャラクター「クレちゃん」の誕生秘話をご紹介します

こんにちは、Dr.紅です。前回のブログに引き続きご覧いただきありがとうございます。

皆さんはご自身の「分身・キャラクター」をお持ちですか?

私のキャラクター「クレちゃん」はこちらです。よく、「似てますね」と言っていただくことが多く、とてもうれしいです。

シダに癒されるクレちゃん
蔦川とクレちゃん
桜を見上げるクレちゃん

クレちゃんはこの世にたった一つのキャラクター。「生みの親」がいるのです。私ではありません。今日はくれちゃんの誕生秘話をお話しします。

夫の動画撮影の「お供」は誰?

「私の代わりの存在が欲しい」。
そう思ったのは2年前、動画を作り始めてからです。コロナを機に「たけばやし博士のVLOG」YouTubeチャンネルを開始するようになり、プレゼンターとして動画に映る夫。一方で私は「撮影・編集」をやる係。
開始半年ほどは、そのスタイルでいいと思っていましたが、知り合いの方より「夫婦の掛け合いがある動画の方が楽しいんじゃない?」と言うご意見をいただきました。

すごく素敵なアイディア、嬉しかったです。しかし、私が撮影しているため、私自身が動画に出ることができません。そのことをアイディアをくれた知り合いに相談したところまたまた素敵なご提案をいただきました。

「だったらパペットクレちゃんとか、キャラクターを登場させればいいんだよ」

素敵だな〜。・・・。

一難さってまた一難ですね。

「会った事ないけど、イメージで作れそうですよ!」

私だけのキャラクター、どうやって作ってもらえばいいんだろう?

今まで全く考えたこともなかったので、誰に聞いたらいいのかも分かりません。そこで私とつながってくださっているSNSのお友達に聞いてみました。

「自分のパペットってどうやって作ってもらえるのか、ご存じの方いらっしゃいますか?」

そう発信はしてみたもののどんなお返事をいただけるのか?不安でした。

すると・・・・。

30分もしないうちに、Facebook Messengerにメッセージをいただいたのです。

Kurenaiさんには会ったことがないですが、
半年間Facebookでつながっていたので、
パペットくれちゃっを作れるような気がします。
もし、まだ作っていただける方を探せないなら
私、作ってもいいですよ

まさに奇跡的な出来事でした。

私だけを半年も思い描きながら作っていただいた「クレちゃん」

このようにして「クレちゃんの生みの親」と巡り会うことができました。
そのかたは半年間、まだ会ったことがない私をイメージしながら、毛糸の色や素材、ボタン、小物、髪の毛、唇など、細かく細かくこだわってくださいました。その様子がこちら。(生みの親であるカレー顔あさこさんのブログもご覧ください)

クレちゃんのはじまり
服のボタンも、バッグも、お靴も!
色っぽい髪型
クレちゃんの完成 

生みの親と悩み抜いてくださいました。中でも目と唇となってくださった方が半年間、「この色が最もふさわしいのか?」「この小物も必要なのでは?」と悩み抜いてくださいました。中でも目と唇には本当に時間をかけてくださったそうです。

子供のときには手作りの良さがわからなかったのですが、この年齢になると「世界に1つ、私だけのために作られた手作りの品」は生きる勇気を与えてくれます。

梅雨明けしたら、本格的にクレちゃんのお散歩開始です。

今年もまもなく梅雨明けです。魂が宿った「クレちゃん」と、今年も楽しく青森の自然を散歩します。去年までは動画として撮影していましたが、
今年からはこちらのブログに写真をアップしていきますね。

お楽しみに。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。



・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です