GREETING

自身の17年の軌跡から「生涯関わる活動は何か?」を考えたお話

自身の17年の軌跡から生涯関わる活動について考えてみた

こんにちは、ドクターKurenaiです。今日もブログをご覧くださりありがとうございます。

今日は17年の私の軌跡を思い起こしながら、「生涯自分が行いたい活動は何なのか?」を考える出来事がありました。

それは、歯科治療の時。

今日は半年間通った歯科治療が1段落し、歯科衛生士さんによる最終チェックの日でした。半年間で行った治療は

・前歯3本ブリッジ

・インプラント

・補綴やり直し2カ所

なかなか大掛かりな治療ですよね。スピーディーに完璧な歯にしていただいた先生とスタッフさん達に感謝! 

最終チェックなので、今日はX線撮影も行いました。

現像する間の待ち時間、座っていたら先生が話しかけてくれました。

「これが今の父です。82歳になりました。まだ現役で臨床医をやっているんですよ。」

実はこちらの先生のお父様(Aさん)と私は知り合いなのです。17年前、私たちは全く同じ時期に公衆衛生医師になったので、国立保健医療科学院で同じ研修を受けました。その時、Aさんが65歳、私が30歳

Aさんは65歳から70歳まで公衆衛生医師をされた後、82歳の現在に至るまで地元の病院さん、健診機関さんで臨床医を続けられていると言うこと。

ここ2年大変だったコロナ対応も積極的にされていたようです。今もますますお元気だとか。

すごいですね。

そのお話を聞くとともに、自分の17年間の軌跡を振り返りました。私もいろいろありました。

・国立保健医療科学院分割後期終了

・結婚

・グロービス経営大学院MBA取得

・夫の起業

・産業医活動を広げていくための勉強の開始

・職場とは全く関係ない人たちからの出会いと学び

この時間までは、「15年後はFIREしててもいいのかな?」と思っていたのですが、Aさんのご活躍をお聞きし、「自分が生涯関わりたい活動はどんなものかな?活動しているうちにどんどん変わってくるのかな?」など今後の17年、27年、37年を想像しました。

今は、「青森県で生きる皆さんのウェルビーイングに貢献する仕事」をしたいために産業保健活動を目指していますが、

あと17年後、私は何を考えてどんな行動をしているんでしょうね?

この年になって自分の将来にワクワクすると言うのは、幸せなことですね。

皆さんはご自身の17年後、27年後、37年後を考えてみたことがありますか?きっとワクワクしてきますよ。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です