MY Trends

近所のビオトープでカルガモ親子が頑張る姿に勇気をもらったお話。

こんにちは、Dr.紅です。今日もご覧いただきありがとうございます。

皆さんが近所で癒される場所は、どんなところですか?

私の家の近所には自然(ビオトープ)がたくさんあります。歩いて5分ほどすると、森のような自然があり、たくさんの鳥の声が聞こえてきます。鶯、カッコウ、キジ。

毎日、時間ごとに風景が異なり、散歩の度に毎回新しい発見があります。究極のマインドフルネスタイムです。

今日はどんな発見があるかな?

ワクワクしながら今日も散歩スタート。すると、早速鳥の声がします。
けど、今日はなんだか声の主が多いような・・。声の方向を探してみると

カルガモの子たちでした

まだ生まれたばかりでしょうか?
そしてブロックの上には

お母さんがいました😄

お母さんはゆっくり歩いています。
動画ではわかりにくいのですが、水路の水の流れは早く、子たちはその流れに逆行して泳いでいるんです。

お母さん、ハラハラしてるかもしれないですね。

そんな光景を愛らしく感じながら散歩を続け、その後見事なヤマボウシの地点で折り返し。

ヤマボウシ

さて、帰りはどんな鳥が鳴いているかな?

と思ったら、先ほど聞いた声の主たちが・・

今度はさらに激しい水流にいるではありませんか!大丈夫なのかな。。

・・・。あっという間に流されているようにも見えるのですが・・。

相変わらずお母さんはゆったりとしています。

ここでもカルガモ親子さんに癒されながら帰路につきました。

帰ってきて思いました。今回のカルガモ親子には「癒された」と言うよりはむしろ「勇気づけられた」のだと。

小鳥さんたちは必死でした。

そこには「失敗すると恥ずかしい」「まだまだゴールまで遠い」という邪念がない。

私は実は「感情によって疲れている」事が多いかも?と気づいたのです。

今回の散歩ではあらためて

ゴールを見すぎないで今に集中する幸せ

の存在に勇気づけられました。明日もマインドフルな一日を過ごし、その積み重ねで人生いいんだろうな。

今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です