こんにちは、Dr. 紅です。今日もブログをご覧くださりありがとうございます。

皆さんはどんな時に幸せを感じますか?

・普段会えない大切な人に会えた時
・思いがけずプレゼントをもらった時
・滅多に頂けない高級ワインや高級スイーツを堪能している時

幸せですよね☺
けど、これらの幸せをいつも感じるのは難しいですよね。

“私は「幸せは2種類ある」と思っています。

1つは上記のように「 思いがけない出来事」「非日常」で味わう幸せ。
もう1つは「いつも自分のそばにあるけど、意識しなければ感じない幸せ」です。

後者はまるで 「空気」のような存在でしょうか。

日々生きていくためには、こちらの「幸せを感じる力」の方が大事だと思うんですね。そんな私も、「空気のような幸せ」を探せるようになったのは、4年前。ペットが亡くなってからでした。

このブログは、私が空気のような幸せを感じるようになるまでのSTORYです。

「私は幸薄い?」とお悩みのあなたに、このストーリーが届きますように。

目次

  1. 暇すぎて苦しかった幼少期 
  2. 医師になり、結婚しても「虚無感」
  3. ペットが亡くなって初めて知った「空気のような幸せ」
  4. (学び)いつでもそばにある存在こそが、幸せを運んできてくれる

1. 暇すぎて苦しかった幼少期

私の親は以下のような人でした。
・両親は休日、昼まで寝ている。
・テレビばかり見て、文句ばかり言っている
・親戚とも不仲で友達がほぼいない

他の家庭を知る由もない私は、これが普通の家庭と思っていました。しかし、 友達の話を聞くと、どうやらそうじゃないらしい。

なぜか中学校、高校と「友達と遊ぶの禁止」だった私は、
「 早く大人になって、家族以外の人と楽しみたいな〜」と思ったのも当然のことだったかもしれません。

こんな感じで、私は「幸せを見つける能力」を自分で育てられずに大人になりました。

2. 医師になり、結婚しても「虚無感」

医師になりたい夢を叶えるべく、医学部に進学、卒業、医師免許取得、と順調でしたが「家族の束縛」から逃れることはできていませんでした。母親が私から離れようとしません。

「今何しているの?」と友人との食事どころか、当直中でもお構いなしに電話をよこします。

“母親から離れなければ自分の人生はない”

と思い、プライベートに時間を割いてこの問題を解決しようとしました。幸せを自分の手で掴みたい!その結果、眼科医から行政医師に転職します。

そして・・・・

一歩間違えれば刃物沙汰になる危険を冒しながらも、2年かけて無事ヘリコプターペアレントから離脱。
自分で全てを決定できる環境を手に入れます。そして私の状況をよく理解できる人と結婚しました。

ところが、理想的な家族像がない私にとって、新婚期でさえ窮屈でした。

「もっと積極的に旅行に連れて行って欲しいな」
「もっとサプライズを仕掛けて欲しいな。」
「結婚記念日は一年で最高の日にして欲しいな・・・」。

その時の私は気づいていませんでした。

すでに、家の中には幸せを運ぶ存在がいたのです。

それは、

ウサギさんと、ウーパールーパちゃんたち。

ゼクシィのような華やかな新婚ではありませんでしたが、「ウサギさんがクシクシしてるね」「ウパちゃんがふわふわ泳いでいるね」とペットが一瞬見せてくれる可愛らしさを6年共有しました。まさに「ペットも家族」でした。

3. ペットが亡くなって初めて知った「家族の幸せ」

そんな生活が、ある日突然終わりを迎えます。

その頃、私と夫はどちらも大学院に通っており、週末もそれぞれの生活。

私は友人と飲みに行く時間は皆無で、ペットたちのお世話が苦しくなっていました。

その日は真冬で気温はマイナス10度。路面は凍結しており、片道2時間の車の運転は1秒も油断できません。

「帰ったらペットちゃんたちの世話をするか・・・」

ネガティブな感情になりながら、先に夫が家の中に入ると、突然

「わーーーーーーーー!!!!」

と叫び声。

私がその後ゆっくり家に入ると、うさぎさんの変わり果てた姿が。。。既に瞳孔反射はなく、冷たい。

翌日、火葬した後には寂しさが倍増され、うさぎさんがいた空間に近づくことがとても怖かった。

その時、思いました。

“今まで、ウサギさんといた時間はどんな時も幸せだったんだ”

今までの「旅行に行けない」「豪華な記念日じゃない」と、苛立ってた自分がバカみたいです。

夫も同じ気持ちだったようです。それから半年後、ウーパールーパーちゃんもなくなりました。その時も当然寂しかったですが、うさぎさんが教えてくれた「空気のような幸せ」を意識できる時間を持てたことに感謝です。

4. いつでもそばにある存在が、幸せを運んできてくれる

毎日、家族と楽しく会話ができる。安心して食事・睡眠ができる。社会貢献できる。

あなたにもしその環境があるなら、幸せを見つける環境は整っています。

“一緒にこれから、空気のような幸せを感じてみませんか?”

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です