ASSET BUILDING MY Trends

「友達アハ体験」が人生を豊かにしてくれた

こんにちは。Dr.紅です。

皆さんは初めて会話する相手に対して
「ずっと昔から友達だった?」と錯覚する瞬間はありますか?

私のこの1年では、その瞬間が増えています。昨日も経験しました。
その錯覚は自分の「価値がある」と感じていることが
他の人には何年も理解されないのに
ある人には1分程度で共感してもらえる時に訪れます。

具体的には以下のようなことがお互い認識できた時です。
相手の価値観に興味がある。逆に、所属している企業や役職に関心がない
・人からどう見られているか?に興味がない
・社会人になってから仲間がたくさんできた。逆に、学校など限られた空間では仲間ができにくい

ここでは、この錯覚を「友達アハ体験」ということにしますね😊

今日は
私にとって「友達アハ体験」はどんな意味があるのか?
を紐解くストーリーです。

これからも、たくさん友達アハ体験と出会いますように。

友達アハ体験する前の私が「共感して欲しかったこと」とは?

私は、5年前まで目の前の人に興味を持つ事はありませんでした。
一方で、

“他の人には自分に興味を持ってもらいたかった。”

人の話を聞かずに自分の話ばかり、
しかも話の内容は、「相手にとって価値あること」ではなく
家族や友達、職場の人の愚痴。
この時、聞き手から
「私もそう思ってた!あの人のこと嫌いだった!」と言われると
自分に賛同してくれた気がして、嬉しかったのです。

ところがある時、友達に言われます。
「愚痴ばかり聞かされるのはすごくこっちも疲れちゃう」。
この時、友達の勇気に感謝しました。
なぜなら、私も実はすごく疲れていたから。

元々は、自分に共感してくれる人が欲しかっただけでしたが、
歪んだ行動につながっていたことを気づかせてくれました。

相手に興味を持って欲しければ、まずは自分から興味を持つ


友達アハ体験は「自分の提供価値」と関係ある?

その後、夫に出会い、経営学・経済学、人を動かすことを学びました。

それらの学びを「自身の提供価値」に生かそうと考えて行動し始めます。

この行動を通して、知り合いが一気に増えました
仕事を通して会うことはない人、
自分が全く経験をしたことがない体験を持っている人、
今まで会ったことがない価値観を持っている人。

徐々に、仲間たちの価値観に強い関心を持つようになりました。
その時から、友達アハ体験は始まりました

なぜ、友達アハ体験を経験するのか?
私の場合、アハ体験を経験するのは
新しい出会いが増えているとき」です。
逆に、今まで何年も一緒にいる人には無いのです。

これを経験するのは、
1人も知り合いがいない空間で、早く自分と価値観が合う人を探そう
と言う本能が働くためかもしれないです。

つまりこの経験をすると言う事は
「自分が未来に向かっている」と言えるかも。

もちろん、「友達アハ体験を経験できている!」と思っていても
相手がそう思っていないことも多々あります。
いわゆる、「こちらが勘違いしているだけ」の時です。

具体的な私の失敗談をお話します。

その方と私は、ある講演会の懇親会で意気投合しました。
私の講演した内容に興味を持ってくださり
「実は自分も同じことを悩んでいました」
「今、●●をプライベートでも実践しているんです」と共感いただきました。

勘違いを恐れない


また、価値観のお話でも、
「誰かに褒められるよりも自分で後悔しない人生を送りたい」
「自分のやっている事に対する理解が得られにくい」
「人はキャリアだけで判断はできない」

そう、この人は見事に私の友達アハ体験の条件を満たしていました。
しかし、2回目お会いしたときに手のひらを返されます。

愚痴っぽくなるのでこれ以上詳細が書きませんが、ここでお話ししたかったのは「友達アハ体験」があっても、100%良いこととは限らない、単に相手が自分に合わせているだけと言うこともあると言うことです。

そのような苦い経験があっても、やっぱり私はこの体験が大好きです。

友達アハ体験ができる『場所』を探し求める人生でありたい

なぜ、嫌な経験をすることもあるのに友達アハ体験のできる場所を私は探すのか?
それは私にとって、

“知り合いが1人もいない空間にいる証」だからです”

前述したように、この体験は「ずっと一緒にいる相手」には発動しません。
見知らぬ人に囲まれて、その中で自分の味方を探そうとする「本能」が働く時
のみ体験します。

この体験が増えてきている時期は、自分が積極的に行動している時。
逆に減ってきているときはその行動が止まっている時。

そう、友達アハ体験は私にとって「挑戦しているのかどうか?」の評価項目です。

一般的に評価項目というと、嫌な感じがしますよね。しかし、ワクワクしながら自分の挑戦度を評価できる項目である「友達アハ体験」はこれからも、私を「挑戦しながら幸せの多い人生」へと導いてくれます。たとえ失敗したとしても、きっと後悔しないでしょう。なぜなら私は友達アハ体験が生きる喜びだから。

これからも私は、たくさん友達アハ体験ができる場所を探し求めて生きていきます。

人間万事塞翁が馬 めでたしめでたし。

友達アハ体験は、私の人生そのもの

・社会医学専門医/指導医 
・MBA(グロービス経営大学院)
・医学博士
・国立保健医療科学院分割後期卒業 
・日本医師会認定産業医 

労働衛生コンサルタント取得を
目指す公衆衛生医師です。

また、2027年の起業を目指し、
リベラルアーツ大学の学びを
実践中です。

ブログを毎日更新しているので、
ぜひコメントをください。

You may also like...